月組「パリの空よりも高く/ファンシーダンス」

約一年ぶりの月組さん観劇です。





お芝居は、原作が菊田一夫さん(「君の名は」とか)で、演出は植田おじいちゃん(植田伸爾)。
あらすじを読んだだけで、お正月だから初笑いなのか?やら、数年前の花組さんの「天使の季節」(作・演出:植田おじいちゃん)を思い出したりして、正直あんまり楽しみじゃなかったのですが、申し訳ないです。予感的中でした。
1800年代フランス。詐欺師のアルマンド(瀬奈じゅん)と、弟分のジョルジュ(大空祐飛)が、2年後に迫った万国博覧会をネタにひと儲けしようというところに、世界一高い塔をつくりたいという、エッフェルくん(霧矢大夢)が絡んでのコメディ。
状況説明が長すぎるのと、話の流れが緩いのと(ペースが昔なのかなあ?)、若手さんの役どころが極端に少ないのが災いしているような感じのつくりでした。
アルマンド・麻子さん(瀬奈)は、本当に主役ってしどころのない役なのよね~。を王道でいく感じの役でした。コミカルであったかい麻子さんの雰囲気は伝わってくるのだけど、面白味がないの。多分コレは麻子さんのせいじゃないと思います。むしろ、花組時代の「天使の季節」のアッサーラ王子(カリブの王子)であそこまでやってくれちゃったんだから、文句は言えないと思うのよね。
そんな流れで、弟分のジョルジュのゆうひさん(大空)。
久しぶりに情けないゆうひさんを見ましたが、やっぱりニンじゃない気が・・・ゆうひさんはスカしてなんぼ、暗くても敵役でもカッコイイあの人が好きだわ。むちゃくちゃな理論でごめんなさい。コレ、ウチのママ談。しかし間違ってないと思います。きっと、ジョルジュはきりやんの方が上手いと思います。
しかし、一番役として面白いのは、きりやん(霧矢)のエッフェルくんだと思います。
頭ぼさぼさで、めっちゃどもり君だけど、すごくかなみちゃん演じる花屋の娘ミミが好きで・・・アルマンドのお陰で、塔を建てる資金を得て成功する。一番内容があるじゃないですか?そしてやっぱり、キリヤンは全てにおいて上手いなあ~と感心。
花屋の娘ミミのかなみちゃん(彩乃)。いくつになっても・・・こういう苦労してるけど、明るく前向き。な女の子が似合うよなあ。弟(明日海りお)と二人で花屋を切り盛りして、アルマンド麻子さんに、少ししか力になれないけど・・・と言って、塔建設資金を夜に渡しにくるとこなんてかわいいなあ~と唸らずには入られないわあ。しかし、突然アルマンドを好きになるのが不思議。最後はエッフェルくんと幸せになったらいいと思います(大きなお世話)。
ミミの弟の明日海くん。かわいいですね~。お芝居も上手いし。
その他若手さん達は、マギー(星条)・龍真咲さん・青樹泉さんなどが、ホテルのベルボーイ。
園加(桐生)・城咲がパリの若者。
本当に露出が少ないわあ。
あひさん(遼河はるひ)の財閥の2世は、かなり頑張って作ってて面白く存在感あったなあ。
あとは、未沙さん、タキちゃん(出雲)、えりさん(嘉月)、越リュウ(越乃)さんが脇をしめまくっていたけれど、説明台詞ばかりで間延びしちゃっていて気の毒。あの面子ならもっとすごいものが出来ただろうに~。越リュウがやっぱりオヤジスターばりのステキさ加減でした。

ショーは、本当に踊りの比重が高かったです。
キリヤンですらあんまり歌っていないのに驚き。
ダレン・リー氏の振付け場面は良かったのですが、イマイチなとこもあり~。
個人的には、桐生園加さん、移籍記念ですか?ってくらいの使われっぷりでびっくり嬉しく思いました。月組さんてこの手のタイプの男役さんっていないのかも。すっごくラッキーだわ。
園加さんのキレのある、男っぽいダンスはすっごく好きなので、近年彼女にスポットが当たったのはかなり嬉しいです。デュエットはみっぽうちゃん(美鳳あや)と一度踊ってみて欲しいなあ~と思っていたので、いきなり組んでいて、嬉しかったですね。
園加さん、やっぱり月組に来ると小ささが際立つんですけど、マギーとの並びはなかなかダンサーで男前で良い感じです。若手くんたちの上に立てるかなあ?
そんな訳で、園加センターの勢いの見方だったので、あんまりセンターを見てません。そんな訳で感想になんないじゃん。て思うんですけどね。でも続けますわ。
あひさんが、すごい用心棒枠に収まりそうで凄かった。本当にすごかった。
美しい敵役~いいですよねえ。キリヤン・城咲・あひさんのペトリューシカのタンゴすっごいオトナな場面に仕上がっていました。気がついたら、あひさんのような男役も、月組にはいなかったんだなあ~。アヒさんが月組から組替えで宙組へ行った時と、宙組から月組へ戻った今との時間の流れと、立ち位置の変化が感慨深いです。もといた組に戻るというのはどんな感じなんでしょうね?花組へ戻る壮さん然り・・・。でも、組替は栄転(サラリーマンぽくてごめん)。今後に期待したいですわ。
フィナーレの階段降りや並びを見て、やはりこの組は他の組に比べて、若手さんが恵まれていると痛感。今回の園加とあひさんの立ち位置に感動したんですが、端を見たら、余裕でマギークラス(86期)が銀橋に乗れているんだもの。しかも一番端っこじゃなくてね。
そんな訳で、月組さんも外せない組になってしまいましたよ。
もう外せる組が無いってことよね。
力の入れ具合も考えていかなきゃあと感じる初観劇でした。
[PR]
by sakura0405a | 2007-01-04 02:00 | たからづか

美味しいものとお酒、旅行とたからづかが大好きです


by sakura0405a