花組「黒蜥蜴-明智小五郎の事件簿-」「TUXEDO JAZZ」

公演もとっくに中盤を過ぎてますが、花組さんを観てきました。
当初は雪組さんのバウホールとダブルヘッダーにしようと思っていたのですが、チケットが入手できなかった。気になるあの子が休演になった・・・などの理由と、今回の花組てメンツ的に2回くらいは観ておかないと、見切れないんじゃない?てことでこっちをダブルヘッダーすることにしました。お供というか、チケットの手配は全面的に頼れる後輩Aちゃんがしてくれました。今回もサンキューです。

1回目はOMCカードさんの貸切を1FA席上手にて。2回目は、通常公演、立見にて観劇。
今回の公演から、花組移籍の壮さん、今回から2番手の真飛さん、そしてみわっちさん(愛音)~。2・3・4番手を同時に観たいときはどうすれば良いのですかね?ダイスキな人達が一緒の組ていうのは、困る。非常に困るわ。忙しかった。2回にして良かったよ。な観劇でした。
ただし、すっごく疲れました。ダブルヘッダーする演目ではないわね。普通に考えたら。





まずはお芝居から。
「黒蜥蜴-明智小五郎の事件簿-」
キムシン(木村信司)の明智ものというと、遠い昔にバウホールで観た、「結末のかなた」というのがあるのですが、あの時明智を演じた、姿月あさとさん(当時ダイスキでした)より、ナルシスト、自己陶酔型、自信家~なとこがすっごく明智だったと思います。私の中では、おさっちの主演の中でかなり好みで、かつお似合いだと思う(一番は、「不滅の棘」のあの人だと思うけど)。
脚本・演出については、ツッコミだすとキリが無いので(両手の指じゃあ足んないわよ)、全てネタ公演てことで片付ければ、いけるんじゃあないかという結論になりました。
黒蜥蜴の彩音ちゃん(桜乃)については、原作と設定が違いすぎると思うので、まったく別の話ね。コレ。てことにしてますが(自分の中で)、少女性抜きにして、もう少し原作どおり大人な黒蜥蜴でも良かったんじゃあないかなあ?今回の彩音ちゃんの雰囲気なら頑張っても良かったと思います。そりゃあおさっち(春野)の蜥蜴だったら尚良かったのかも知れませんが、冒頭でも書いたように、おさっちは、明智が似合いすぎるので、明智でOK。ピンストライプのスーツも、ピンクのネクタイとチーフもあんなに似合ってたもん。いつもは、バックミュージック(失礼だから)のおさっちの歌も、明智さんの歌として耳に入ってきたしね。しかし、あの主題歌良い曲なんだけど、歌えない(歌う必要ないけど)。とっても難しそうでした。プロポーズの歌なら歌える・・・多分。プロポーズの歌というのはですね、プログラムにも主題歌と一緒に歌詞が載っていて、それぞれの状況・立場で歌詞を変えて、最初に、壮さんが、後半で真飛さんが、最後におさっちが歌っております。キムシン・・・もうすこしまともな歌詞は書けないのか?詩人にはなれんのか?と申し訳ないですが思ってしまうような、ストレートど直球な歌詞が繰り広げられているんですが、歌詞読んでるより、観たほうが断然良かったよ。
プロポーズの歌つながりで、壮さんの話をします。
波越警部。明智の友人の新婚警部。アンドレ級にすっごくスマートな警部でした。
おさっちと友人としての並びもすっごく温かくて良い感じ(波越君の車で掛け合う二人とかすごく良かったっす)だし、プロポーズの歌も誠実で、葉子さん(早苗に変装している明智さんとこの替え玉:野々すみ花ちゃん)が「なんで私にはそう言ってくれる人がいないの!」が生きてくるプロポーズっぷりでした。多分3人の中で一番の説得力だったと思うよ。
しかし、明智さんとの会話の中での「昨日は大喧嘩だよ。あいつ(奥さん)へそくりなんかしてたんだぜ!」やら、波越警部ソーラン節を踊らされる・・・の巻は、あ。やっぱり壮さん。って扱いではあったのですが、あれが無いとあたしたちが寂しいわよ(どこを狙った需要なんだか?)と思うので、あれはキムシンからお客さんへのサービスと取っておこうと思います。
ちなみに登場しない奥さんは、私の中で勝手にシナぼん(山科:雪組)ってことになってます。
そして、あたしの彼(ぜんぜん違)、潤ちゃん(雨宮潤一:真飛)の話をします。
元ボクサーで黒蜥蜴の手下。て設定で、かなりお喜びだった私とAちゃんですが、久しぶりにあたしたちの思う真飛聖さんが観れたわね。昭和万歳って感じです。なんであの人はあんなに昭和が似合うんだろう。でも昭和40年代前半くらいが良かったです。
欲を言うなら、最初のヒゲ面はもっと違うヒゲがよかった。あとはボクサーの腕っぷしを見せてくれる乱闘シーンが欲しかったです。昔、ビリヤードのキューが鉄パイプに見えたくらいのアクション(ていうか気合い?@2002年「ガラスの風景」)を又観たかったわあ。もしくはボッコボコにされてるとこ(どんな趣味してるんですか?殴ってなんぼ。殴られてなんぼ。)。しかし、酔っ払いオプションまでついてきてくれて大層面白かったです(もっとケーケー言ってるかと思ったけど、意外とおとなしかった)。
そして例の葉子さんへの唐突プロポーズなんですけど、「は?」ってくらい唐突なんですけど、あそこの潤ちゃんはとっても昭和ハンサムでした。話的にはどうかと思うけど、あの潤ちゃんが観れるならまあいいか。
彩音ちゃんのトカゲ。冒頭の黒いドレスにブラックリザード(黒蜥蜴)の刺青がすっごく似合っていたので、19歳なんて設定にせず、もっと上げちゃえば良かったのになあ~と思いました。
そこの冒頭の歌は、すんごかったのですが(コメントは控えておきます)、たたずまいが良かったです。ファントムのクリスティーヌに続き、難役が続いていますが、頑張っているなあという印象でした。
早苗の野々すみ花ちゃん。お嬢さんの早苗さん・黒蜥蜴が変装した早苗さん・早苗さんの替え玉葉子さんの3役を演じ分けるというこの役が一番面白くってやりがいがあると思うのですが、上手かった。本当に上手かった。ただ、もう少し綺麗に美しく華やかになるといいなあ。お化粧など研究の余地有りだと思いました。やっぱりショーでは沈んでしまっていました。
後は、書生のみわっちさん(愛音)がちょっと気を使ってもらった役どころでしたが、あとの書生さん達の使い方が勿体無い。娘役ちゃん達の少年探偵団も可愛かったのだけど、ひとまとめにあそこに突っ込むのはどうかと思うわ。「スサノオ」「王家に捧ぐ歌」・・・大作では仕方ないかなあと思うその他大勢のコロス仕様ですが、今回のような場合、キムシンは大劇場なりの人の使い方をして欲しいなあと思いました。これなら、DC・バウサイズの劇場・人数でも充分できると思うので。あとは、全て戦争のせいにしていたのが微妙に引っかかる。
とはいえ、三島版黒蜥蜴を期待していた方にはナシだと思うのですが、子供全集でルパンやら乱歩が好きな人には楽しめる内容になっていると思います。ええ、私がそうだから。
後は、小林少年の一花ちゃんが、すっごく小林少年でした。利発な感じがすっごくいいわ。あんな子供なら私も欲しいよ。予想以上に達者なところを見せてくれる一花ちゃん~劇団は大事にしてあげて欲しい。

ショー「TUXEDO JAZZ」
「マラケシュー紅の墓標」でお芝居は当たっているけれども、荻田さんと、花組さんの初顔合わせなショー。
そもそも荻田ショーに当たったことがあるのって、雪組と星組だけなのよね。
いつも含みがあるような感じのショーを創る荻田さんですが、今回はその辺のところは余りなく、タイトルどおりのショーでした。や~意外。
ただ、いつも通り、場面の区切れがあいまいで、ず~っとつながっている感じがするのよねえ。
開演アナウンス前に曲が入って、銀橋を使って始まります。
一花・みつる・りせ・めお・まあくんが銀橋で踊り、シビさんの歌~に入ると、
トレンチコートにスーツケースを提げて壮さんが、雪の国から帰ってくる。
出迎えるみわっちさん(愛音)とまりんさん(悠真倫)。
この公演から、雪組から花組へ戻ってきた壮さんへの荻田流の愛を感じるわ。二人の喜びようも尋常じゃなく面白いです。
■プロローグのおさっち(春野)は2Fの窓から登場。変わった登場の仕方だよね。
彩音ちゃんとひと歌いすると、前のセットが飛んで、ダービーハットにベストにシャツないでたちの男役さんと、娘役さん。真飛さんがピンクのベストでややビビる。青じゃないんだ。ピンクなんだ。みわ・真飛・壮の並びが新鮮な割に意外としっくりきていてやや驚き。
■街角
おさっちと彩音ちゃんの銀橋デュエット~
まっつ以下男役陣が続いて銀橋で歌う~うきうきの彩音はおさっちを見失ってしまう~で、
みわっちさん・彩音・壮さんのタクシーの場面。翻弄されるみわっちさんと、壮さんがらしくて面白い。星条旗のシルクハットを被った一花ちゃんがめっちゃラブリー。しかし、みわさんは、毎度毎度、オレンジかグリーンの三つ揃えが必ず一回はあるわね。今回はオレンジのストライプ。
壮さんのブルーのチェックスーツも超壮さん仕様。能天気加減が素晴らしい(あんな壮さんダイスキです)。
■アンタッチャブル
おさっち(春野)が野乃すみかちゃん→鈴懸さんとからんでゆき、
黒のスーツの男役登場。全員並ぶとさすが花組って感じがすごくするわあ。
真飛さん→由舞ちゃん→おさっちの恋の一方通行ぶりがなんとも・・・。
■中詰アステア~フォーリーズ
一花ちゃんのピンクのダルマと、おさっちのデュエットダンスが可愛らしかった。
ゆうこ(真飛)→みわさん(愛音)→ゆうさんの歌で壮さんが踊る。いいなあ3人並び。
みわっちさんの扱いがかなり上がっている感がしてすっごいなあすっごいなあと思う。
ゆうさんのスター扱いにやっと慣れてきた今日この頃。
シビさん(矢代)とおさっちのスキャットはなかなか~。でも多分おさっちはジャズ向きじゃない。
■ナイト・ジャズ
今回のショーはここが一番オギーらしくて好きです。
曲も、振り付けも混沌とした感じも。きっと曲は齋藤さんで、振付けは川崎先生かなあ。
冒頭の下手からせり上がる白いスーツにソフト帽の壮さんに心をわしづかまれました。何あの人、チョーカッコイイ(頭悪い子みたいですけど)。銀橋の歌もダンスもステキで、これがあの壮さんかと思うと・・・。
今回は芝居もショーも全て素敵な壮一帆さんだったのがすごいなあと思いました。
おさっちがひと歌いすると、赤いスーツのゆうこ(真飛)が出てきます。あの人悪魔かなんか?おさっちを悪夢に誘うのかしら?ここねえ。私の思う真飛聖さんでした。
真飛さんのバックの赤ベストチーム(さお太さん・まめ・しゅん様)はすっごいダンサーチームで、なんだかすごかった。ゆうこさんオペラ撮りにいったら漏れなく入ってきて、ああ、ラッキーだと思いました。
そしてみわっちさんは女役です。狂った女神(ておさっち歌ってたもん)?おさっちを悪夢に誘っちゃうみたいです。セリ上がりです。びっくりしました。
鬘は2種らしいですが、2回観ても1つしかでてこなかったわあ。
でも普通に綺麗でした。男役化粧なのに違和感ナシ。そして、普通に客席に目線投げまくっていたのもまたみわっちさん~あんたすごいなあ(女でも、一本釣り・投網・地引網)。
彩音ちゃんとおさっちのデュエットのソロがさあやちゃん(初姫)でした。個人的にとっても嬉しい。
■フィナーレ
まっつ(未涼)・みつる(華形)・りせ(望月)・彩音の銀橋。若手さんらしいやり取り~。
全身スパンのトンチンカントリオ(@歌劇誌座談会より)のみわえりゆう。
立見位置からじゃないと、全員が視界に入らないどうしよう。何処見よう。
銀橋で気分良く歌い(全員決して上手くは無いのだけど、楽しそうだからまあ・・・)、一花ちゃんなど女子の皆さんに「タップよタップ」と言われ、夫々に「タップだってよ~」といいつつどつきあいつつ、本舞台でタップ。もちろん夫々にちゃんと見せ場は用意されているんですが、特にみわっちさんに手に汗握る。タップから、ラインダンスにつなぎます(こちらもタップ!)。
シビさんの銀橋で、まあくん・ふみかさん・きよみさん・めぐむさん・めおさんも銀橋~。
大階段~としこさんと舞城さんが、上手・下手それぞれのサイドのセリからセリ上がり!
男役さんのダンス~おさっち・彩音のデュエットダンス。ソロは絵莉さん。
パレード前めぐむさんがソロ(エトワールかなあ?)
みわっちさんの一人階段降り。荻田ショーで歌いながら階段降りれるなんて、しかも一人で!
なんだか感慨深い。しかし、次の壮さんもだけど、すごく手に汗握る歌だったよ。
多分あの主題歌はとっても難しい。おさっち仕様なんだよきっと。
ゆうこは意外と歌えてました。
しかし、本当にゆうこさんは、愕然とするほどダービーハットが似合わない。
フィナーレだけでもナシじゃだめかしら?肩から羽根ぶら下げてても、半減だわあ。

と、見たいところが多すぎて、あっという間に50分。
でも、花組さんはここで満足ということにしておこうと思います(言い聞かせ)。
次は星組公演なんだもん。どうせ頑張っちゃうんでしょ?うん。たぶん。
[PR]
by sakura0405a | 2007-03-04 23:41 | たからづか

美味しいものとお酒、旅行とたからづかが大好きです


by sakura0405a