安蘭けいサヨナラショー

私の為の備忘録です。
3月8日15時公演の後の「安蘭けいサヨナラショー」についてです。
読んでもらうように作ってません。
でも上げときます。記録だから。





ショーが終わり、一旦幕が降り、組長さんが登場。
冒頭泣いてしまった組長さんに、私たちも涙。
ええ、あたしたちもおんなじ気持ちですもの。
退団者についてのひとこと紹介と、トウコ先生からのお手紙披露。
そして、サヨナラショーの開演です。

「絶景かな、絶景かな~春の眺めは~」の声とともに幕が上がり、大階段の真ん中にトウコさん。
客席からはため息と歓声が~そうだよね。あたしも歓声上げたわよ。
エル・クンバンチェロの衣装に、赤い着物を羽織ってます。
♪花吹雪恋吹雪(2000年バウ「花吹雪恋吹雪」)
 星組ファーストミーツのコレがやっぱり冒頭にきましたね。
 私たちも最前列で観劇しためぐり合わせを思い出してたわ。
銀橋を渡り、着物を脱いで本舞台の大階段に戻って~
♪エル・クンバンチェロ(2007年:大劇場「シークレットハンター」)
 お披露目のフィナーレナンバーだったコレ。男役総出で、全部やってくれましたわ。
 声の伸びもすごくって絶好調だな。トウコ先生~。
 あとは、いろんな人見ました。本当にこの場面ダイスキだったし、前夜DVDで盛り上がった
 まんまが舞台で繰り広げられててこちらも大興奮。
曲が終わってトウコさんと、退団者が銀橋へ~退団者娘役も青いドレスで合流し、
♪レビューオルキス(2007年:大劇場「レビューオルキス」)
 キラ・キラ~の歌いだしがトウコ先生らしくて好きだったんだよねえ。
途中からあすかちゃんも登場、トウコ先生とデュエットしてトウコ先生だけはけて~残ったみんなで、あすか・しいちゃんメインで歌いきり次の曲も同じメンバーで・・・
♪ヘイズコード(2006年DC「ヘイズコード」)
 ♪PCA~それは~て懐かしかった。トウコ先生のお披露目DCでしたね。
 思わずかつきエレナを観すぎてしまう。ブルーのドレスはエレナさんに似合ってて綺麗。
 もちろんかっちゃん だってかわいいわよ。
しいちゃんが銀橋に一人残り~
♪フェットアンペリアル(2006年バウ「フェットアンペリアル」)
 一回しか観れなかったけど、若々しくて切なくて~いい公演だったなあ。
 主題歌もホントにステキな曲だった~。
再びトウコあすか以外の退団者が舞台に戻り~
♪さくら(2007年大劇場「さくら」)
 実は幕開きコレ希望だったりしたので、なかなか嬉しかった☆
コーラス部分が盛り上がって切れて、トウコ先生本舞台で続き~(期待)と思ったら、
本舞台のセリに乗っていたのは・・・グラパン(スカピン)、みんな大爆笑の中、
「お久しぶりね~」やら「お元気ですか~」「妖しいまでに美しいグラパン」やら「別嬪さ~ん」
と絡みづらいことを連発し~、
♪鷹のように(2008年:大劇場「スカーレットピンパーネル」)
 どの扮装よりもコレだったんだなあ。と思うのと、間にコレ入れた構成にしてより客席も
 盛り上がったなあ。
ショー「アビヤント」の掃除夫の組長さんが登場して、グラパンお着替え~撤収。
着替えたトウコ先生は赤のシークレットハンターのデュエットダンスのようなお衣装で~
♪雨に唄えば(2003年:日生「雨に唄えば」)
 雨でびしょびしょで嬉しいそうに唄うあの人思い出しながら~
 白いドレスのあすかちゃんも登場して絡みます。
 すごくラブラブなとうあす~かわいくっていいですわ。
♪愛のボレロ(2006年:梅芸「コパカバーナ」)
 髭の悪い人きた~リコだよ。グラパンさんに引き続き、コレ歌いたかったんだ~。
 声の伸びがすごいね。当時のリコばりに気持ちよさそうだよ。
白エンビのしいちゃんがあすかちゃんと踊ってるのもあったかい感じでした。
♪ポゴシプタ(2005年:韓国「ソウルオブシバ」・2007年:博多「ネオダンディズムⅡ」)
 博多は声が万全じゃなかったから、生で完成度高い状態で聴けたのが嬉しいなあ。
白いドレスの退団者娘役(キンさん・エレナさん・かっちゃん)がバックで踊ります
♪たいせつな人(2007年:大劇場「シークレットハンター」)
 お披露目の一曲て感じで、いろんな気持ちで聴きました。ちょっとテンポ上がってて
 より聴き易くてよかったな。
白エンビの退団者男役(ますみさん・和さん・しゅん吉)がバックで踊ります
♪エル・アルコン(2007年:大劇場「エル・アルコン-鷹-」)
退団者・とうあすそろって銀橋で歌ってくれました。
 コーラスも迫力あって、やっぱテンションあがるわ。
 私はトウコ先生のアップテンポな絶唱系の歌がダイスキです。
♪Blues Requiem(1998年:バウ「凍てついた明日」)
 主役ではないけれども、やっぱりこの曲はトウコ先生の代表作だと思います。
 銀橋で歌う深い声に思いがこもっていてすばらしかったです。
♪あなたを見つめると(2008年:大劇場「スカーレットピンパーネル」)
あすかちゃんが白いドレスで歌います。
真っ白なんだけど、レースがステキな感じと、スカートにパニエが入ってるのかな。
すごくすてきなシルエットでした。スタイルいいし似合ってる☆
 この曲へあすかちゃんというかマルグリットとして込める気持ちがいつも切なくて何度も
 聴いたなあ。最後に聴けて嬉しかった。
銀橋渡って本舞台に戻ると白い衣装のトウコ先生が大階段に~
♪恋こそ我がいのち(2008年:DC「赤と黒」)
 あすかちゃんのセリフから、ちょっとだけお芝居のやりとりがあって、これがまたすごくステキ。
 すっかりジュリアンとレナール婦人でした。さすがとうあす。
 トウコ先生ってトップになるまで、相手役の存在をあまり必要としてないなあ。
 男役と並んだほうがどんだけしっくりくるか~くらいな人だったと思うし、ファンもあまりソレを
 求めていなかったと思うの。でも、あすかちゃんという相手役を得たおかげで、トウコ先生本当
 に変わったと思うのです。
 トウコ先生のパワーというかペースやらテンションにあすかちゃんはしっかりついてこれたん
 だよな。きっと。
 とうあすファーストミーツのコパカバーナを観て、あすかちゃんが相手役になればいいのに。
 と即刻思ったことを思い出しました。
 決まった相手役がいるっているのは、トップスターだけ。
 それでこそのものを魅せてくれたのも本当に嬉しかったです。
♪The Rose(1998年:バウ「ICARUS」)
 バウ初主演でしたね。雪組時代のトウコさんはまったく好きでもなかったのですが
 (酷いなあんた)、トウコ先生が歌ったThe Roseが私が初めて聴いた「The Rose」
 だったんですよ。ベッドミトラーじゃなくてね。トウコさんなの。
 すごく心に響いて、この曲はなんていう歌ですか~って聞いてまわったことを思い出します。
 トウコファンになってから、The Roseを聴きたいと切望していたので、最後に聴けてもうね、
 泣きそうでした。
歌い終わると、白いバラを抱えた黒エンビの柚希さんが~バラを受け取りトウコ先生は銀橋へ~
そして本舞台で礼音さんが歌いだしたのが~
♪星を継ぐ者(2005年DC:「龍星」)
 コレを礼音さんに歌わせますか~!?トウコ先生で聴きたかったとも思ったのですが、
 この曲を次の星組トップになる柚希礼音さんが歌うっていうのに、組ファンとしては
 勝手に意義を感じちゃったりもしてね~。大介ベタだけどやるな。
 と思っちゃったわよ。
銀橋でバラを客席に投げ終わって本舞台には黒エンビの男役、ピンクドレスの娘役が揃い~ 
♪ひとかけらの勇気(2008年:大劇場「スカーレットピンパーネル」)
 やっぱり最後の曲はコレでしたか。
 正真正銘の代表作だもんね。
 声ひっくり返りそうになりながらの絶唱。そんな歌い方も大好きです。
コーラスも入ってさらに盛り上がって幕~

カーテンコールは異例の2回でしたよ。少なっ。
でも、コレは2回目でいつものが~あったから。
さすがトウコ先生。自分が泣く前にやめたな(予想)。

涙~涙のサヨナラショーって感じではなく、安蘭けいの持ち役、持ち歌のすごさを実感して、ひゃ~と気持ちが上がる感じのサヨナラショーでした。
通常のショー「アビヤント」ではあんなに泣くの我慢してたのに、こっちはひたすら盛り上がって終わりました。
たぶんトウコ先生も泣いたら歌えなくなるし、あたし達も泣いたら見えなくなっちゃうから、泣かないように~って構成に大介がしてくれたんだと思ってます。
ホントに最後なんだから、泣いてたらもったいないわよ。
それにしても、すごい盛りだくさんなサヨナラショーでした。
ありがとうトウコ先生、ありがとう大介グッジョブだったよ。
て言いながら帰宅したとたんすっごく寂しくなっちゃったのは内緒の話です。
[PR]
by sakura0405a | 2009-03-09 23:55 | たからづか

美味しいものとお酒、旅行とたからづかが大好きです


by sakura0405a